FC2ブログ

その他雑記など

No Man's Sky その9

 ←白山神社(新潟) →中国古代の青銅器その5
 相変わらず孤独に宇宙を旅しているノーマンズスカイですが、年度末ぎりぎりの3/31にExpeditionsアップデートが配信されました。このアップデートは期間限定で5月末までのものなのですが、新たなゲームモードが実装され、様々に用意されたチャレンジターゲットを達成していきながら、その達成度に応じて他のセーブデータでも受領可能な報酬をゲットしていく――というものです。
 このモードの最大の特徴は、これまで各プレイヤーにランダムに割り当てられていたゲームスタート地点及び環境を統一された固定環境からのスタートとし、その逆に初期装備や宇宙船などがランダムに割り当てられるという点であり、このため基本的に(友人などとマルチプレイをする以外は)孤独だったものが、まるでオンラインのMMOを開始した直後のような状況からはじめるというところがポイントでしょうか。何事にも少し後れて付いていくY.E.Hは実装の5日後から開始したんですが、スタートの星系は他のプレイヤーが建設した基地や設置したビーコンやメッセージボックスで鈴なりになっており、賑やかを通り越してたいへん騒々しいものでした…。
 そもそもこのゲームはオープンワールドではあるものの、オンラインマルチプレイをメインターゲットとはしておらず、自ら意図しなければ他のプレイヤーと出会う確立は天文学的に小さいのです。なので、何をするにも他のプレイヤーと干渉することを気にする必要は無かったんですが、このモードでプレイしていると兎に角干渉しまくります♪ 特に困るのは、至るところに基地が建設されていることで、当該地点周辺で地形の改変などが不可能になってしまうところでしょうか。このゲームは特に序盤に地面を掘り返したりすることが多分に必要になるんですが、基地が建設されているとそこを中心とした一定の範囲が編集不可能になり、しかも非常に多くのプレイヤーが開拓地や墜落船などの重要なポイント周辺に基地を建設してしまうため、ゲームの進行に甚だしく影響します。さらにはそれらの様々なオブジェクトを処理する必要があるため、頻繁に処理落ちが発生しますので、何か大事なチャレンジの際には結局オフラインでプレイするようにしている状態です♪
 とは言いつつも、それなりに基本的なゲームの癖なども飲み込んではいますので、一応は開始から10時間そこそこで画像のSクラス宇宙船(ホンマタンMQ5という名前です、ちょっと使いづらいんですが…)やAクラスの大型貨物船なども首尾よく入手できました。そんなわけで、期限が来る5月末までには全てのチャレンジターゲットをクリアしてやろうかとコツコツ進めております。ただ、Y.E.Hのプレイパターンとして墜落船経済に依存する(プレイしていると、鉱業経済や農業経済型のプレイヤーさんを良く見かけますね…)傾向が非常に強いので、どうも全体に方向性が偏りがちなのですが…。


ノーマンズスカイその9

関連記事
スポンサーサイト





にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
  • 【白山神社(新潟)】へ
  • 【中国古代の青銅器その5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白山神社(新潟)】へ
  • 【中国古代の青銅器その5】へ