fc2ブログ

その他雑記など

磯良神社

 ←No Man's Sky その13 →補助艦艇に惹かれる・その15
 茨木市三島丘に鎮座する磯良神社は、阿曇磯良(但し、こちらの社伝では『磯良大神』)をお祀りする御社です。
阿曇磯良(あずみのいそら)は神功皇后の三韓征伐の伝承に登場する海神であり、皇后が諸神を招請して征途の成功を祈願した際に、その姿の醜さを恥じて招請を肯んじませんでしたが、住吉三神が舞台を設えて舞を奉納したところ、これに応じて姿を現し潮布留珠と潮満津珠を授けたと伝わりますが、実のところ本朝には他にも海神はおられるわけです。海神を倭言葉で表す際に「わたつみ」と称しますが、その名そのままに綿津見大神がおわしますし、その娘である豊玉毘売命は龍宮の主であり我が国皇室の祖でもあります。何よりも、海を司る神と言えば建速須佐之男命、そして夜と海とを本来司る月読命がおられるわけですので、その様な観点からの「海神」と一緒にすることは難しそうです。
 福岡市志賀島に鎮座する志賀海神社の祭祀は古来より阿曇氏がその任にあたっており、この阿曇氏の祖神が阿曇磯良であるとされていますが、正しくは祖神ではなく神話化した祖先なのでしょう。神功皇后の三韓征伐に際して潮の干満を操る宝珠を授けたと書きましたが、伝承の中では皇后に「献上した」とされています。これでは神格である磯良神より皇后の方が尊貴であることになってしまいますが、阿曇磯良を海行に長けた渡来氏族阿曇氏として、皇后に率いられた大和朝廷の出兵に協力したと考えれば違和感が解消します。おそらくは、その一連の出来事が神話化したというのが真相では無いかと思うわけです。
 以前こちらの記事で触れました対馬に坐す和多津美神社境内にある三柱鳥居ですが、普段水中に没しているこの鳥居の根本には蛇体のような石が鎮座しており、現在までこれは阿曇磯良の墓所であると伝わっております。蛇体と言えば出産に際して八尋大和爾に化身した豊玉毘売命を連想しますが、龍蛇が水を司る神格と考えられているのはやはり大陸発祥の考え方であり、ここからもやはり阿曇氏が渡来氏族であったこと、そして水を神聖視しその聖域を三柱の鳥居で禁する独特の祭祀をもっていた沿海民族であったことが類推されます。
 また、阿曇磯良を舞でよび出した住吉三神ですが、その権能は綿津見三神とそっくりであり、おそらくはどちらかが一方の投影なのでしょう。ここからは例によってY.E.Hの勝手な想像ですが、もとは渡来氏族阿曇氏によって奉賛されていた海の神である綿津見大神が、同氏族が大和朝廷に与力するとともにその皇祖神話体系に取り入れられ、住吉三神に変化したのではないでしょうか。そして、大和朝廷とともに畿内に移住した渡来氏族の系統に属する秦氏は、海洋民族であることを捨ててしまったものの、その本来の祭祀をそのままに維持し続けており、自らの新たな本拠地である太秦の地に彼らの祖先の墓所を祀ったのと同じ三柱の鳥居を建てたのでは…。
 とまぁ例によって想像を逞しくしてみましたが、もし本当にそうだったらとても興奮するのになぁなどと思うわけです。故ホーキング博士によって過去へのタイムトラベルは不可能であると否定されてしまっているわけですが、こんな妄想を巡らせるたびにその当時に戻ってその真相を確認してこれたならと思ってしまうのでした♪


磯良神社

関連記事
スポンサーサイト





にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
  • 【No Man's Sky その13】へ
  • 【補助艦艇に惹かれる・その15】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【No Man's Sky その13】へ
  • 【補助艦艇に惹かれる・その15】へ