fc2ブログ

その他雑記など

宗谷その2

 ←宗谷その1 →宗谷その3
 さて、終戦によって帝国海軍の特務艦籍を解かれた宗谷は、同年十月GHQの指示のもと大蔵省に管轄が移され、特別輸送艦『宗谷丸』となります。特別輸送艦としての任務は勿論、外地に残留した兵員や軍属、民間人の復員業務であり、宗谷丸となって僅か六日後にはもう最初の任務としてヤップ島へ出港しています。
 その後、第二復員省の開設に伴って同省に管轄を移されたりしながらも、宗谷は淡々と復員業務に従事し続けます。この頃の宗谷の姿は画像の様なものであり、現在の姿とはかなり異なっている事が分かります。撮影されたのは昭和二十一年八月、葫蘆島(現在の遼寧省葫芦島市、満州からの引揚者の主要な避難港だった)停泊中に撮影されたとのことですが、現在のフラッシュデッキとは違い、船首と船橋の間にウェルデッキがある事が分かります。これは、第一次南極観測行からの帰投後に行われた改造で、貨物の搭載量増大や船室増を図ったためですが、この時同時に画像の様な一本マストのデリックに代えて門型クレーンへの改装も実施されています。また、船橋後部に石炭焚きボイラーに特有の細長い煙突が見えますが、南極観測船に改装される迄の主機は蒸気式レシプロ機関(一軸推進)だったためです。舷側もこの当時はすっきりしていますが、現在の宗谷には南極観測船への改装に当たって、浮力と復元力を増強するために大型のバルジが装着されています。
 結局宗谷は昭和二十三年十一月まで引き揚げ任務に従事し、凡そ二万人近い日本人を故国へと運びました。その間には、船上での出産(しかも一度ならず二度も!)なども経験し、なんと生まれた子には二人とも宗子(もとこ:これまた二回とも女児だったとのこと)と名付けられたそうです。
 こうして大きな役目を終えた宗谷は昭和二十四年八月に正式に復員業務籍を解かれた後、海上保安庁に籍を移され、灯台補給船LLー01『そうや』として生まれかわり、翌昭和二十五年四月からその任務に就きます。この当時の宗谷は真っ白な船体で全国各地の灯台を巡って燃料や物資の補給に当たり、灯台守達からは「サンタクロース」の愛称で呼ばれていたとの事です。灯台守夫婦の半生を描いた「喜びも悲しみも幾歳月」には、当時の宗谷が登場するそうなのですが、残念ながらY.E.Hにはどのシーンなのか思い出せません…(観たの随分前ですし…)。
 このまま灯台補給船として生涯を終えるかと思われた宗谷ですが、昭和三十二年から三十三年にかけて行われる国際地球観測年に日本も参加することが決定され、南極観測船としての白羽の矢がたったことから、その運命を大きく変えていく事になる訳です。


宗谷丸当時

関連記事
スポンサーサイト





にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png その他雑記など
総もくじ  3kaku_s_L.png しばふ村より
総もくじ  3kaku_s_L.png 陸奥と僕のこと改
  • 【宗谷その1】へ
  • 【宗谷その3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【宗谷その1】へ
  • 【宗谷その3】へ